Voices体験談

チャネリング講座「心の汗(涙)を何度も流しました。。。講座を受けて本当に良かったです!」

61歳(女性)、チャネラー養成講座を修了しました.

 

私、今61歳です。ネットで「レイキ」を検索しているうちに、こちらのライトクルーを見つけました。チャネリングやヒプノを初めて知り、「ヒプノセラピー」を受け、「レイキ交流会」に参加し、気がつけば「引き寄せのセミナー」・「セラピストへの道」を受講し、さらにチャネラー養成講座を申し込んでいました。

初日、いつものカルチャースクールのように、ノートとシャープペンを用意していた私に、まず芹沢先生から、「この講座は学校の授業と違って、記録して~という講座ではありませんからノートは要りませんよ・・・」というような説明をされ(個人的にはテキストに少しメモはとりましたが)、「えっ?着いていけるやろか?」という思いをしたことが昨日のように印象に残っております。

受講のきっかけは「引き寄せのセミナー」の上本先生のお話、決めたのは「セラピストへの道」の芹沢先生のお話、その日セミナー終了後講座の申込みをしていました。

何が受講を決めさせたのか・・・

一言で言うと、現状の自分に満足していなかった。変えたいけど変えられない自分、その自分の何をどう変えたらいいのか、そもそもどこまで変わるのか・・・そういう思いの中、ライトクルーや先生方との出会いも必然と感じ、今でしょう!と申し込みました。

12回の講座や他の受講生のクライアント役で、何回心の汗()を流したことか、加齢とともに涙腺が緩くなってることもあり、普通の会話でも感極まって・・・初めのころは正直かなり恥ずかしかったです。「いい歳してカッコ悪う・・・」なんて何度思ったことか。

しかし、どんな局面でも先生は自然体で受けとめ、時には冷たく(?)突き放し時には暖かく抱きしめ(えっ?イメージですよ)、という感じで・・・先生の人となりが心地良かったし、私にとってはそれなりに緊張と緩和の講座も毎回楽しみでした。

しかも、微力でもお人の役に立つ喜びを味わうことができ、元気も一杯戴き、チャネリングを勉強させて戴いて本当に良かったと思っております。本当に有難うございました。

講座の終りが近付くと、このまま終了するのが寂しいような思いと、まだまだもっと成長(潜在意識の活用?)したいという思い、なにより先生のアドバイス(術中にはまった?)もあり、引き続きヒプノセラピスト養成講座を受講することにしました。手のかかる生徒かと思いますが、これからもよろしくお願い致します。                       

 

60代 女性

  1. 一覧に戻る

カテゴリを
クリックしてください。

個人セッション

スクール

その他

FaceBook

Mail magazine

イベント情報などをいち早くお知らせ

あなたらしく、新しく「Light Crew」since 2003

Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ). All Right Reserved.

Page Top