Miracle潜在意識で人生を思い通りに!

潜在意識夢は潜在意識からのメッセージ

 潜在意識と夢は密接な関係があります。

心理学の研究者でもあるカール・グスタフ・ユング氏やジークムント・フロイト氏も、無意識(潜在意識)を熱心に研究し、しばしば夢を研究の題材としていました。

特にフロイト著の「夢判断」は、100年経った今でも精神学の教材としても使われるほど、無意識と夢との関連性を確立した著書となっています。

 

人は睡眠中に、その日の記憶や経験を過去の記憶を照らし合わせ、要るものと要らないものに整理していきます。

それは潜在意識で行われており、覚えていたい記憶を残したり、嫌な記憶を消し去ったりと言った、自分の都合のよい記憶の整理を意識的には出来ないため、嫌な経験でも強烈であれば覚えていたりするのです。

「一晩寝れば嫌なことを忘れる」という人は単純な人と言われますが、実は潜在意識で嫌なことや感情を昇華することができる、心理学的に見ればとても優秀な人なのです。

 

「夢はまったく見ない。」という人がいますが、見てないのではなく覚えていないのが正解になります。

一晩の眠りの中で、4~5回の夢を見ていると言われ、その間に潜在意識の整理をしています。

夢を見るのはレム睡眠中であることが多く、この時に目が覚めると夢の内容を覚えていることが多いのです。

反対にノンレム睡眠中に見た夢は記憶されないので、見ていた本人でも思い出すことはできません。

 

夢は潜在意識によって見るものなので、自分の願望や不安と言ったものがメッセージとして含まれていることが多いです。

自分が思いを寄せている人が、夢の中で恋人となってデートを楽しむというのは、願望が表れているからです。

逆に、上司に失敗を叱られている夢を見るのは、現実に叱られたことへのわだかまりであったり、失敗して叱られるのではないかという不安からきているのです。

しかし、潜在意識はこういった分かりやすい形で夢を見せるのではなく、間接的かつ抽象的に表わすことも多いため、読み解くには知識が必要になります。

 
  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top