Miracle潜在意識で人生を思い通りに!

チャネリングチャネリングとは?

 チャネリングとは、高次元の意識体、エネルギー体、霊位と交信することを言います。

チャネリングは必ずしも言葉で交わされるものではなく、映像であったり、イメージであったり、音楽であったり、時として暖かな雰囲気であったりと、画一的なものではないです。

 

もともとチャネリング(channeling)は、川や水路などの水の通り道を差すチャンネル(channel)の動詞形です。

テレビの周波数を表すものに「チャンネル」と言う言葉がありますが、同じスペルで「データの通り道」と言う意味です。

すなわちここで使われるチャネリングは、「高次元の意識体とデータ通信」と言った意味がぴったりくると思います。

 

普段は、我々のいる次元と高次元とはかかわりを持つことはできません。

しかし、一部の人間の中には、高次元の意識体と交信できる人がおり、巫女やシャーマンと言われる人が「神の言葉」として伝えることが多いです。

日本でいうと、青森県の日本最大の霊場の恐山にいる「イタコ」がチャネリングを行っています。

 

こういったチャネリングが出来る人間をチャネラーと言い、高次元の意識体に働きかけ言葉をもらえるすべを知っています。

意識をトランス状態にする、文字盤を使う、水晶玉を見るなど人によって方法は様々で、祈祷師や占い師の中にはチャネリングを行って、問題の解決や忠告を行っていることもあります。

 

一般には、チャネリングが出来る人間は特別と思われているため、なかなか日常で見かけることはありませんが、本当は特別なものではありません。

人間がもっと自然と寄り添って生きていたころには、人間のすべてが持っていた能力だと考えられています。

ですので、一度チャネリングを体験すると、よりはっきりと高次元からのメッセージを受け取ることが出来たり、自然とチャネリングできるようになったりと、才能を一気に開花させる方もいます。

  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top