Miracle潜在意識で人生を思い通りに!

チャネリング高次元の存在とは?

 チャネリングは、高次元との存在と交信することにより、問題解決のアドバイスをもらったり、人生の指針を指し示してもらったりすることです。

 
では、高次元の存在とはどういったものなのでしょうか?
身近の所では、神や仏が分かりやすいと思います。
神や仏は、人とは比べ物にならないほど崇高な意識体で、古来より存在しています。
宗教により様々な神や仏がいますが、そういった存在は人間が人間として進化する前からいたはずなので、宗教は後付であるとも言えます。
つまり、高次元の存在には多数の崇高な意識体がいる、もしくは宗教と言うフィルターを通すことにより同じ存在であっても別の名で呼んでいると、考えている学者もいるほどです。
 
高次元に存在する意識体は、我々よりもはるかに高い知識と精神を持っているため、そういった存在からすると我々の次元の人間はまだまだ精神的に幼い未熟な存在なのです。
そのため、チャネリングによりもたらされた高次元の存在からのメッセージが、一見自分の意に沿わない物であってもすっと聞き入れることが出来るのは、幼い子供が親の話を一生懸命聞くのに似ています。
 
我々に対して的確なアドバイスをもたらしてくれる高次元の存在ですが、この中には自分自身も含まれています。
人の魂は、一輪の花のように花びら一つ一つが自分自身であり、それぞれ異なる次元に存在していると考えられています。
そして、一人一人の自分が同じ高次元に揃うことにより完全な存在となり、さらなる高次元へと昇っていくのです。
つまり、高次元にいるもう一人の自分もいる可能性があり、チャネリングでメッセージを与えているのはほかならぬ自分であることもあります。
高次元に存在する自分をハイアーセルフと言い、チャネリングをした際には特に的確なアドバイスをもらえる存在なのです。
  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top