Miracle潜在意識で人生を思い通りに!

ヒプノセラピー「ヒプノセラピーで、催眠状態から解けないと言うことはないですか?」 横浜

 「ヒプノセラピーで、催眠状態から解けないと言うことはないですか?」 

神奈川県横浜市在住 H・Yさん 52歳女性
【質問】
ヒプノセラピーは催眠状態になると言うことですが、催眠術が解けないと言うことがないでしょう?
ずっと眠り続けて目が覚めなかったり、記憶がなくなったりすると言うことはないでしょうか?
 
【回答】
ライトクルー横浜スタッフがお答えします。
 
ヒプノセラピーで利用される催眠状態は、半分寝て半分寝ている「半眠半覚醒」の状態です。
相談者の方の意識がなくなると言ったことはなく、カウンセラーの声は聞こえていますし、自分の意思で会話することができます。
その際にも、自分の答えたくないことは話すことはしませんし、自分の話したいことだけを話すことができます。
もちろんヒプノセラピーが終わった後も、記憶がなくなると言ったこともなく、施術中のことも覚えています。
反対に忘れたいトラウマなどは、自分の意思で記憶を封印出来るため、そういった意味での記憶がなくなると言うことはあります。
 
また、ずっと催眠術状態でいるということはなく、カウンセラーの問いかけにより起きてしまうか、本格的な睡眠に移って寝てしまいます。
この睡眠も通常の睡眠と変わることがないため、揺り起こされたり大きな声をかけられたり、外部から刺激を受けると目が覚めます。
そのため、ドラマや映画のように、目が覚めなくなると言ったことは、ありません。
反対に、ヒプノセラピーでは、リラックスした状態で施術するので、眠ってしまった場合心地の良い眠りになるため、「短い時間だったのに、久しぶりにぐっすり寝た感じがする」と言われる方もいます。
 
ライトクルーは横浜サロンでもヒプノセラピーを行っておりますので、ストレスによる不眠症の悩みに関して、ぜひご相談下さい。
  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top