Miracle潜在意識で人生を思い通りに!

レイキレイキヒーリングで体調が悪くなることがある!?

 レイキヒーリングのセッションを受けた人の感想で、「何も感じなかったし、体の調子も変わらない。」というのはたまに聞きます。

しかし中には、「レイキヒーリングを受けて体調が悪くなった。」という方が少数ですがいらっしゃいます。
 
癒しの波動を使うレイキヒーリングなのに、効果が感じなかったのならばまだしも、逆に体調が悪くなるというのはにわかに信じられないかもしれません。
ですが、実際には体調が悪くなる方もおり、これには大きく分けて二種類の原因が考えられます。
 
一つは、レイキヒーリングを受ける側の体の調子が悪すぎて、良くはなっているが痛みや不快感が伴っている場合です。
わかりやすく言うと、足裏マッサージを受けている際にはすごく痛いのに、終わった後はすっとするという感じに似ています。
体のためには良いことをしているのですが、正常な体に戻す際には痛みや不快感を伴わなければ治らないレベルまで、体の調子が悪くなっているのです。
この場合厄介なのが体調が悪いのに慣れてしまっているため、レイキヒーリングで体調がよくなるための不快感の方が嫌だと感じてしまい、続けてセッションを受ければ好転するにもかかわらず辞めてしまうからです。
 
もう一つは、ヒーラーの技量不足が挙げられます。
レイキヒーリングは優れた癒しの技術ではありますが、魔法のようにみるみる傷がふさがったり、たちどころに癌がなくなったりするものではありません。
ですが、未熟なヒーラーの中にはレイキの流れがうまく読めずに、違うところにレイキを流したり、癒しの波動がうまく受け取れずに異なる波動を受け取って流してしまうことがあります。
そうなると、体の中のレイキの流れが乱れるため、レイキヒーリングを受ける前よりも体調が悪くなってしまいます。
 
当サロンでは、講習を受けた熟練のヒーラーによるレイキヒーリングを行っていますので、安心してセッションを受けることができます。
  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top