Q&A女性から寄せられるよくある悩みQ&A

育児育児と仕事での両立について

 「育児って本当に大変です。でも働かなきゃと、出来ることなら子育てに専念したいのですが、なかなかそういうわけにはいかなくて・・・どうすれば上手く両立することが出来ますか?」

 

育児と仕事の両立って本当に大変ですよね。出来ることなら誰もが子育てに専念したいと思うはずです。ですが、それぞれに事情があるわけで・・・そのようなわけにはいかないのが現状ですよね。育児休暇がとれる職場なら何の問題もありませんが、なかなかそのような職場も少ないですし・・・働くといっても社員となるとブランクも気になり、派遣やアルバイトとなると安定しないのではと・・・考えて不安になってしまいますよね。

 

そこで、まず何があっても子育てを優先しなければいけないということ。

では上手く両立するためには、あなたの今の現状によって考えるべきだということです。

ここで簡単ではありますが、「社員」「派遣社員」「アルバイト・パート」でのメリット・デメリットについてあげてみました。参考になれば幸いです。

 

「社員」

<メリット>・安定した収入を得られる・賞与がる(会社によってないケースもあり)

・福利厚生が充実している

<デメリット>・残業ある場合が多い・転勤のリスクがある

       ・トラブルがあっても簡単に辞められない

 

長期にわたり働く意思があり、安定した収入と考えるなら、やはり社員が望ましいかと思います。育児との両立の場合は「残業にはどのくらい出来るのか?」「土日祝の出勤は可能か?」など最初に譲れない条件を明確にしておく必要があります。

また平成24年7月から、企業の「短時間勤務制度」というものが全面的に導入されたことが義務化され、正社員の働き方も多様化しています。

 

「派遣社員」

<メリット>・勤務期間、勤務地、時間が選ぶことが出来る

      ・トラブルがあっても責任を問われることが少ない

      ・就業後に正社員として雇われることがある

<デメリット>・時給制で収入が不安定

       ・賞与や交通費が出ない場合が多い

       ・雇用の不安定さ(契約更新など)

 

勤務期間や時間、勤務地を選び様々な職場経験をしたいのであれば派遣社員が望ましいかと思います。正社員では、なかなか採用されないような大手企業での働くチャンスもあり、自分自身のスキルアップにも繋がります。そして常に即戦力も求められます。

また契約期間の就業後、双方の合意のもとで正社員もしくは継続更新して働くことが出来る制度がありますので、あなたにもメリットが十分あるのではないかと思います。

 

「アルバイト・パート」

<メリット>・場所や時間が選べる

      ・仕事が見つけやすい

      ・責任を問われない

<デメリット>

      ・時間制で収入が不安定

      ・雇用がない

 

扶養控除枠内の年収(130万円以下)に抑えて働きたい場合や近場で短時間から仕事をしたい方にはアルバイト・パートが望ましいと思います。

家庭と仕事との両立を考えた時に時間を細かく選べるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

 

それでは、今のあなたがするべきことは、自分に「適した形式で働くこと」です。

上記のように簡単な説明ではありますが、どのワークスタイルで仕事をするべきかということです。今のあなたの条件に適った仕事はきっとあるはずです。

 

また育児と仕事での両立に悩みを抱えてライトクルーに来られた相談者の方の中には「子育てと仕事と両立して働いていましたが、いろいろなことを考え転職しました。今は子育てを優先できる職場なので本当に転職して良かったと思っています!」と喜びのお便りを頂いております。

実は、前世や過去に起きたことが関係して、今回の育児と仕事での両立という出来事を呼び寄せたのかもしれません。

そして潜在意識にメッセージを語りかけることで、今まであった悩みが嘘のように解決へと導きます。

 

一人でつらい思いをしていませんか?私たちライトクルーが相談して下さい。

きっと、あなたのお役にたてるはずですよ。

  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top