Q&A女性から寄せられるよくある悩みQ&A

人間関係引っ越しして新しい土地に来たけれど馴染めない

 「主人との結婚を機に、生まれ育った土地から離れて引っ越ししましたが1年経っても馴染めません。ご近所さんとも仲良くなりたいと思っているのですが、方言の違いからなかなか声もかけられず、家の中に籠る日々が続いています。」

 

新しい土地に引っ越しする時には、「どんなところだろう。」とワクワクした期待感もありますが、同時に「うまく馴染めるだろうか。」といった不安感もあると思います。

 

日本は南北に長い国であるため、北は極寒の地であるのにもかかわらず南は熱帯性気候であったり、大きな海に面しているところもあれば険しい山間の土地もあったりと、バリエーション豊かな国なのです。

そのため、自分が生まれ育った土地柄と引っ越した先では、言葉の違いや食文化や地域性などが違うため、驚き戸惑われることもあると思います。

 

特に言葉の違いは言っていることが理解できなかったり、標準語で話しているだけなのに上品ぶっていると誤解されたりして、近所の方とコミュニケーションが取れず孤立してしまう場合があります。

 

そんな時は、まずは笑顔であいさつから始めるようにしましょう。

暗い顔であいさつをしていても、相手からはいい感情を抱いてもらえません。

逆に笑顔であいさつを続けていれば、あいさつ以外のコミュニケーションが始まるかもしれません。

その時に、「○○から引っ越して来たのですが、言葉や地理に不慣れで、いろいろ教えていただけると助かります。」と言っておけば、近所の方にも「不慣れな土地で大変なんだな。」と理解してもらえます。

 

また、近所の方とコミュニケーションが取れないとライトクルーに来られた相談者の方の中には、「ご近所の方と仲良くできるようになり、一緒にランチしたりできる友達もできました。」とおっしゃられる方もいます。

前世ではずっと同じ場所で暮らしていたため、今回の不慣れな土地での近所の方とコミュニケーションが取れないということなのかもしれません。

潜在意識にアプローチをすることで、今までの悩みがなかったことかのように解決へと向かいます。

 

慣れない土地で一人思い悩むよりも、私たちライトクルーに相談して下さい。

あなたの人生が素晴らしいものへときっと変わります。

  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top