Q&A女性から寄せられるよくある悩みQ&A

結婚子供を産まない選択は間違っていると言われた

 「夫とは子供を作らないことを条件に結婚しました。しかし、それを夫の両親に言ったところ、「子供を産むつもりがないのならば離婚しろ。結婚を許したのは間違いだった。」と激怒されました。子供を産まない選択をすることは、そんなに間違ったことなのでしょうか?」

 

子供が欲しくて不妊治療をする人もいれば、あえて子供を作らない選択をする人もいます。

ライフスタイルや病気の関係、経済状態など様々な条件から決めたことでしょうですから、子供を作らないという選択も間違いではないですが、やはり子供がいないことは寂しいと感じる人のほうが圧倒的だと思います。

 

義両親が激怒したのも、子供を産まない選択をしたことの伝え方やタイミングが悪かったのではなかったでしょうか?

義両親からしたら孫の顔を見られると期待していたのに、望みが絶たれてしまったのですから、落胆するのは無理もありません。

 

結婚前に子供を産まない選択を夫婦でしたと報告することもできたでしょうし、言い方も「いまはまだ共働きをして、マイホームの頭金を貯金しようと思っているので。」などとやんわりはぐらかすこともできたはずです。

もし、子供を産まないことを公言していて、5年後10年後に気持ちが変わって妊娠した時は、どう言い訳しても周りの人間からは白い目で見られると思います。

いくら結婚が当事者間の問題とはいえ、自分や夫の家族が関係してくることに気を配らなかったのが、最大の間違いです。

 

また、「子供を産まない選択をしたため義両親の中が悪化した。」と悩んで、ライトクルーに来られた相談者の方の中には、「義両親にも納得してもらえ、私たち夫婦も時期を見て子供を作ろうと考えに変わった。」とおっしゃられる方もいます。

 

もしかすると、前世や過去の因果が関係して、前世で子供にまつわるトラブルがあり母親となることが怖くなって、このような問題が出てきたのかもしれません。

そんな時には、潜在意識に探ることによって、悩みの解決方法が見つかることでしょう。

 

子供を持つことに対する考え方で悩んでいるならば、ライトクルーに相談して下さい。

あなただけでなく、家族を含んだ大きな問題ですが、きっと解決できるはずです。

  1. 一覧に戻る
Copyright © ライトクルー(ヒプノセラピー・催眠療法・レイキ) All Right Reserved.

Page Top